いくつになっても若々しい肌を保つ秘訣とは

ハリと潤いを取り戻す

たるみ解消法

美容外科クリニックで受けられる目の下のたるみ治療と言えば、下まつげの生え際をメスで切開してそこから脂肪を取り除く手術を連想する人が大半です。
その方法が最もオーソドックスな治療法ですので、どこのクリニックで治療を受けたとしても、一定レベルの治療効果を得ることができます。
なぜかと言いますと、それこそ基本中の基本とも言える治療法であるため、この手術ができない美容外科医などまず存在していないからです。
つまり、一番安心して受けられる治療法であることは確かなのですが、これ以外に治療法がないわけではありません。
たとえば、同じように余分な脂肪を除去する方法として、下眼瞼脱脂術もしくは経結膜脱脂術という名前で呼ばれている手術を採用しているクリニックもあります。
これは、下まぶたの裏側に小さな穴を開け、そこから脂肪を取り除く方法なのですが、皮膚表面に傷跡が残らず、ダウンタイムも短縮されるという理由で、高い人気を呼んでいます。
ただし、担当する医師に高度な手術技術が求められる治療法ですので、どこの美容外科クリニックでも治療を受けられるようにはなっていません。
したがって、この方法で治療を受けたい場合には、クリニック選びを慎重に行う必要が生じることになります。

クマの解決策

目の下に生じる老化現象の代表格と言えばたるみですが、クマの悩みを抱えている女性も結構たくさんいます。
クマが発生する原因としては、疲労による血行不良や外的刺激による色素沈着をあげることができますが、たるみが原因でクマが生じてしまっているケースもあります。
そのような場合であれば、目の下のたるみを治すことによってクマまで治せてしまうことになりますので、まさに一石二鳥ということになります。
いずれか一方の症状が起こっているだけでも老け見えが起こりますが、両方の症状が同時に生じてしまっているような場合には、その悩みが深刻さを増します。
でも、2つの症状を1つの治療で同時に解消することができるのですから、こんなにありがたいことはありません。
皮膚がたるんでしまっていたとしても、それが直接的な原因となって皮膚が着色されてしまうようなことはありません。
ただし、たるんでいる部分が前に出っ張ってしまいますので、その影ができます。
影になっている部分は黒ずんで見えますので、それがクマのようになるわけです。
でも、前に出っ張っている余分な皮膚や脂肪をスッキリと切除してしまえば、それが原因で生じている影もなくなります。
2つの症状をいっぺんに解消することができるため、多くの患者から喜ばれています。